読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くまがいく

探検家くまがいく 

昭和アバンギャルド2 六本木のべんちゃんワロタ

1982年に結成した中年バンド「小林克也 & ザ・ナンバーワン・バンド」

でのアバンギャルドな音楽活動でも知られる。

世良公則や桑田もいたギャグ系バンド。

ベンチャーズのメロディーラインや、当時の歌をオマージュし、面白い歌詞を載せた

六本木のべんちゃんは、ゲイのカップルの歌ではないか!。。。

初音ミクのしか、動画がしかないですね。。

六本木のべんちゃん 作詞/小林克也嘉門雄三(桑田佳祐) 作曲/嘉門雄三

歌詞

ふたり きゃーめぐろの アパートの窓

電信柱が見えた!

おそうじ せんたく シャイシャイ

お料理おつかい

僕チャン達ってきれい好き

ゴトー花屋さんのスイトピー

水をたっぷりこいて

お花はチンチラホイで

君は泣いていた

花は花 むりやり花だから

散れば舞うよな この人生

雨がチャップリ降っと

君を迎えに赤いアンブレラっちょね

有名な防衛庁のまうしろあたりへえった

秀和レジデンス

店の名前は何でしょね

忘れていないはっちょねー

UCCのネオンがやけに黄色っちゃって

涙のキャフェテラス

店は店 たかだか店だけど

店という名の この人生

私のいい人連れて来い

元気のいい奴 呼んで来い

「ねえ、おはぎ作っといたよ」

「ウン」

「ベンちゃんの好きなつぶアンにしといたからね」

「ありがと」

秋がぶっとんじゃって

冬春はぶいちゃって

いきなり夏が来た

田舎帰ると言い残したにし

枕元 おき手紙

アマンドあったりへ おいかけた

知ってはいたけど

ひどいでないんでないの

僕は泣いチッチ

愛は傷 かまれた腕の傷

想い出の証 この歯型

「それが僕からの置き手紙さ おじさん」

サイナラ ベンちゃん元気でな

一人生きてく六本木

用語集

きゃーめぐろ=中目黒

ゴートー花屋=後藤花店 六本木本店

有名な防衛庁=今は無き防衛省技術研究本部 いまはミッドタウン

秀和レジデンス=六本木秀和レジデンス

私のいい人連れて来い=八代亜紀“雨の慕情

アマンド=六本木交差点角の喫茶店 アマンド前は六本木待ち合わせの場所

僕は泣いチッチ=守屋浩(S34年)僕は泣いちっち

小林克也 & ザ・ナンバーワン・バンド」

ハワイ移民の広島弁をフィーチャーしたデビュー曲「うわさのカム・トゥ・ハワイ」は

日本語ラップのはしりとして一部に評価が高い。

うわさのカム・トゥ・ハワイ

作詞 小林克也 /作曲・編曲 佐藤輝夫 / 歌・演奏 ザ・ナンバーワン・バンド

アロハ! マイネーム イズ バッキー コバヤシ

アイム ア 三世 フロム ホノルル ハワイ

アイド ライク ユー トゥ ミート マイ 祖父(グランドファーザー

わしらがの ハワイへの はじめてきた時の

みんながの ウエルカムの ナイス トゥ シー ユー

わしらはの その時の ベリー ハッピーでの

ジャパンの ホントの 百姓魂 みせてやったんじゃ

エブリディ 耕す 水をやる

パイナップル パパイヤ グァバジュース

バイ ザ ウェイ わしらのの 現地の友達じゃ

カメハメハ アイザック ハウ アー ユー トゥナイト

ヒラ ヒラ キラ キラ ホロ ホロ カア

きんさい きんさい ハワイにきんさい

わしらは みんな ヒロシマじゃけん

インサイド アウトサイド シーサイド ヒルサイド

ウイ アー オール フラ フラ シェイキン

きんさい きんさい ハワイにきんさい

わしらは みんな クマモトじゃけん

インサイド アウトサイド シーサイド ヒルサイド

ウイ アー オール フラ フラ シェイキン

ハイナ・イワマイ・ハナ・カプ・アナー! 

(←これがラスト・コーラスですよ、という意味)