読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くまがいく

探検家 くまがいく 

地球温暖化でコーヒーが高騰!天然モノは絶滅。研究者も絶句 global warming

くまがいく ニュース

非常に衝撃的! かつ、気候の変化を予測すれば。そうか!と納得してしまう事実が!

私はカフェイン酔いしてしまうのに、コーヒー好き。

世界のコーヒーシェア70%を占める、アラビカコーヒーの調査報告で、近年地球温暖化により、品質の低下が報告されているという。 (日本では、ほとんどがアラビカ種。)

イギリス KEW王立研究所の報告、

研究者は、野生のコーヒーの木の、本拠地である東アフリカの山の中で、

気候モデルのシミュレートをしました。

$クマがいくブログ

算出した結果、2080年までに、地球温暖化によって、野生のコーヒーは、

65~100パーセント減小するだろうということ。

言いかえれば、それらの最悪のシナリオが実現すれば、野生のコーヒーが成長するための場所は

地球上でないでしょう。

長期的には、それは現在のコーヒー生産地での消滅を示唆します。

参照 PLOS ONE           

$クマがいくブログ

このまま平均気温上昇が続けば、さらなる品質の低下と、価格の高騰、

そして2080年には天然のアラビカコーヒーが絶滅するという。

この研究に寄ると2020年には価格高騰は明らかで、

コーヒーは高級品で、1杯2千円になるかもしれない。

今のうちに飲んでおこう。

2050年までに気候変化で、メキシコと中央アメリカのコーヒー農園が

現在の栽培地域のおよそ3分の1を失うだろう。 KEW王立植物研究所

葉物の植物は、種から数週間で育つので、ハウス栽培が可能だが。

木から出来る種子、果実類は、気候の変動によって、影響が大きいと言わざるをえない。

元々コーヒーは、病気や害虫や乾燥に強く、自然な環境で生産され、

一杯のコーヒーの原材料が何円という安価だったのだが、高級品になってしまう。

きっと今頃スターバックスは、衛星で新天地の栽培場所を探したり、

スーパーコンピューターで気候変動予測とか、大きいハウスとか、色々研究してるだろう。

アフリカの高原 5,エチオピア  

        スーダン ケニア北部 1200m 範囲は950~1950mのの高所

中南米  9,メキシコ グアテマラ 7,ホンジュラス

南米   1,ブラジル 4,コロンビア 8,ペルー  

アジア  2,ベトナム 3,インドネシア 6,インド     数:ランキング       

 

コーヒー・セクター雇用が52の産出国、年間約2600万人の雇用、9340万のバッグの貿易、概算154億USドル(1兆4千億円)の輸出品。 (2009年)

まめ知識

100年の間の、平均気温上昇 毎年0.74°C (+0.56°C to 0.92°C)   (1906–2005)

アラビカ用 年の温度範囲 18~21°Cか24°C。  

30°C以上になるとストレスが強く、17°C~18°C以下だと、成長が阻害される

+美味しいコーヒーに育つには、昼夜の温度差が必要

コーヒーは、油の次に世界中が大好きな貿易品

アラビカ種のほかに、ロブスタ種(安価) リベリカ種 (かなり安価 日本では出回らない)

もちろん同じく危ない

参照 PLOS ONE  

KEW王立研究所