くまがいく

探検家くまがいく 

ロイ・オービソン Roy Orbison 不遇の天才

 

とても美しい声ですが、暗い陰を感じ、調べてみました

 

ロイオービソン、美しいバリトンで、3、4オクターブの声が、楽にでる天才歌手。

昔は、録音機材が低スペックなのに、美しい声です。

 

1936年4月23日生まれ

テキサスのヴァーノン、油田のドリラーと車のメカニックの父と看護師の母。

健康には恵まれず、黄疸で黄ばんだ顔色、耳が目立って突出していて。 オービソンは、外観は特に自信がありませんでした、彼は若い頃から、ほぼ白髪で黒染めしていました。

彼は静かで控えめな、非常に丁寧だったと伝記に記されている。

子供の頃から、自然に上手かったので、お父さんが7歳でギターを与えて、ラジオやテレビに出ていた。

 

60年代のヒット時代

1960年頃から、ヒットチャートに上り。

 

クライング - Crying(1961年/全米2位・全英25位)

 

オー・プリティ・ウーマン - Oh, Pretty Woman(1964年/全米1位・全英1位)

 

http://www.youtube.com/user/RoyOrbison

 

ロイオービソン チャンネル http://www.youtube.com/user/RoyOrbison

 

 

1966年6月6日 ブリストルテネシー州。ロイオービソンの奥さんがセミトレーラートラックと衝突して即死。

1968年9月16日 イギリスのミッドランドのツアーの間に、

テネシー州で 、家が焼失し彼の二人の長男が死亡。

 

クローデット(ウェスリー、1965年生まれ)と、彼の末の息子は、オービソンの両親に育てられた。オービソンはバーバラと結婚して、1970年に息子ロイ·ケルトンと1974年アレクサンダーが生まれている。

 

70年代の低迷期 

80年代に復活したと思いきや

 

1988年11月、 彼は多忙なスケジュールで、複数のインタビューを行いました。 数日後、ボストンのクラブでマネージャーは、彼が病気に見えたとのこと。オービソンは、ショーを演じた。最後に疲れ果て、彼は飛行前でヘンダーソンの自宅に戻った数日間休む、再びロンドンへ旅行し、ビデオフィルム製作 1988年12月6日に、彼は息子と模型飛行機を過ごし、その後、ヘンダーソンヴィル、テネシー州で、彼の母親の家で夕食をした後、彼は心臓発作で死亡した。 52歳。

 

 

”ロイオービソンは孤独な人の為に歌っている” 

ロイオービソンの大ファンの、ブルーススプリングスティーンが歌っている。

 

Bruce Springsteen & Roy Orbison

 

 

 

Wiki EN 

 

Wiki 日本語

 

有名人が有名人の追っかけやファンという面白い話し。

 

ブルーススプリングスティーンエルビスプレスリーの家の塀を上がって、

覗いてたという逸話もある。家には入れてもらえなかった。

 

他には、チャップリン突撃訪問テレビ企画で、欽ちゃんチャップリンの家にいって、

断られ、ずっと張り込んで、しまいには

”オレはわざわざ日本から来たんだー!”って、叫んでたら、家に招いてもらって

会う事が出来たとか。

 

ジョンレノンも、熱狂的なファンに張り込まれ、

1人、家に招き入れた、歌の世界観にハマってしまっているファンに、

”あれは、ただ歌で書いただけだから”と、説教したという話しもある。