読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くまがいく

探検家くまがいく 

伝説のサーファー Surf Legend バテンス カルヒオカラニ SUPER COOL

昨日は暑くて、紙をぼさぼさに束ねて、短パン、半袖シャツ、サンダルでてくてく歩いていたら、はからずともハワイアンスタイルになっていたらしい。

帰国子女のサーフィンをする先輩に、お前バテンスみたいだな!っとなんか似てる!歩き方もハワイアンっぽい!いい感じだぞ!っと言われた。

バテンス?ググってみた。。。とてもマッチョな黒人だった

髪のぼさぼさしか合ってないんですけどー! ばってん!(”しかし”っと同意で福岡あたりでたまに使用されるらしい)

サーフレジェンドって言われる、伝説のサーファーなんだぞ!(先輩)

”バテンス” モンゴメリーカルヒオカラニ Buttons Kaluhiokalani wiki

1958年3月30日生まれ アフリカ系アメリカ人の米軍の父親と、ハワイアンの母。黒人の強い癖っけだと、グリグリの髪の毛束が丸まる。親が Buttons ボタンというあだ名で呼ぶようになった。幼少の頃から、叔父のバディ(軍の獣医)にサーフィンを学ぶ。

1973年 全米選手権 

1974年 1位 プロクラス トライアル サンセット

1979年 1位 サンキスト オープン , パイプライン マスターズ 、マリブ プロ 

1982年 1位 日本

1984年 1位 ペルー

という、実績と。なぜ伝説と言われるのか。それは、360度ターンを初めてやった人で、波の上で、スケボーのように自由に動く現代のサーフスタイルを作った第一人者である。その後に続く、プロサーファーも憧れるマッチョボディをオヤジなっても保ち続けていた。

ばってん!

1998年 薬物犯罪で逮捕 

2005年 再度 逮捕された。テレビ番組で逮捕の現場を撮られた。

子供の頃からサーファーとして有名になり、パーティーに行き、有名人と遊ぶようになって、

ズルズルと、未成年のころから タバコや酒、コカインやヘロイン等の薬に手を出すようになってしまって後悔している。

その後は、サーフィンスクールを始め、青少年の育成にも力を入れるようになる。

バテンスサーフスクール 

2013年11月2日 55歳 肺がんの合併症で他界  

【追悼特集】バテンス・カルヒオカラニ 良い記事だ!

彼のメッセージで、『人生を取り戻すための手伝いをしてくれないか』と一言言えば良いっとある。

本当にそう思う。正直に接しない時代に生きる人が心配だ。

困っているときは、助けが欲しいって、誰かに話したほうが良い。本当に自分が困っていて、違法な事に関わってしまった時や中毒の問題では、人に相談しにくく思ってしまう事が、更正の壁になってしまう。言いたくないかもしれないけど、でも周りの人は言わなけえれば知る事はできない。

過ちは誰にでもあるから、一人で悩まないで、自分から助けを呼ぶ事が大事だ。自分では否定的な考えてしまうだろうけど、更生する機会を早く見つけよう。

そんな寛容だろうか?そんな思いもあるだろうけど。でも、ともかく誰か一人でもに正直に接する事が出来たら、見える世界は全部変わって、人生をやり直す機会を得る事は絶対出来る。

バテンスに憧れていた ロブマチャド 

ロブマチャドファウンデーション

習いたかった!!!

Buttons surf school ツアーHP